クレカ現金化はなぜグレーだと言われているのか

【限りなく黒に近いグレーな行為】と表現されるクレカ現金化ですが、では具体的にどの部分に違法性があるのかご存知でしょうか?

現在、金融企業から借り入れを行う場合、総量規制により限度額が定められていますよね。最大でも年間収入の3分の1に相当する額しか、現金での借り入れは出来ないようになっています。

しかし、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外。つまり年間で100万円しか収入のない方でも、ショッピング枠が100万円のクレジットカードを持つことができ、カード払いにすることで最大100万円分の買い物が可能であるということ。

このショッピング枠を【クレジットカード現金化】という方法で現金に換えることを許可してしまうと、金融企業は総量規制に違反することになり、営業停止や何らかの法的処分を受けてしまいます。そこで金融企業は、ショッピング枠の現金化を認めない姿勢を、利用者へ向けた利用規約などで強く示しているのです。

現金化と疑われるような行為が発覚すると、カード利用上の規約違反となり、例え悪意を持って行ったわけではなくとも、利用者のカードは容赦なく使えなくなってしまいます。クレジットカードが使えない、新しく作ることもできない、金融企業や銀行からの借り入れもできないとなると、その後の生活で不安な場面も多くなることでしょう。最悪の場合、闇金と呼ばれる悪徳業者を頼ることにでもなれば、もはや取り返しがつきません。

この方法は、あくまでも緊急時に現金を用意する手段の一つ。安易に行わないようご注意くださいませ。