クレカ現金化のメリット・デメリットのまとめ

誰でも比較的簡単に行えてしまうショッピング枠の現金化ですが、自分で転売や返品等を行って現金を手にする場合のデメリットは、1年に1回程度のペースでしか行えないこと。これはやはり命の危険を感じるような緊急事態にしか使えない方法だと思います。その代わりメリットとしては換金率が100%であること。このサイトでも、クーリングオフ期間を利用した現金化の方法についてご紹介しておりますので、是非そちらもご覧くださいませ。

さて、では優良業者を利用する場合のメリット・デメリットとは何でしょう?

デメリットは【使いすぎてしまう】点にあります。高い換金率で手軽に行えてしまうからこそ、どんどん現金化してしまうと思いますが、その後には返済が待っていることを忘れてはいけません。クレジットカードの利用枠が大きい人ほど、多額の借金を背負うことになり、毎月の返済額が4万円、5万円と膨れ上がったり、返済期間が2年以上になることが予想されます。

メリットとしては、カードが利用停止になる確率が低いことと、複数回利用できること。そして新たにキャッシングローンを契約するよりも早く、確実に現金が手に入る点が魅力です。

例えば、給料日は27日だけど、20日に返済や支払いが必要なものがある時。急に冠婚葬祭の予定が入ってしまった時。予期せぬ出張や外泊があり手持ちが足りない時などに、どこよりも早く対応して貰えるので助かりますね!

現金化がキャッシングであり借金であることを忘れなければ、様々に活用することができるのではないでしょうか。